2009年05月06日

詭弁だらけのセカイ

GWということで書棚をまとめてみた。下手の横好きというかそこまでこういう系に詳しいわけでは無いので、お勧めがあったら紹介してください!

前も紹介した(http://charkid.seesaa.net/article/103308065.html)レイモンド・スマリヤンの本、新装版が出ていたようだ。数理系は芸人というかホンモノの奇人変人ばっかりという印象(笑)







邦書での定番はこちら!



無限って考えていくと深みにはまります。



学術色が強いですが…。









理数系推理漫画の決定版!i,e,ケーニヒスベルクetcと聞いてゾクゾク来る人は読んでみると楽しめそうです。ファンブックに数学者のインタビューがあるのってこの漫画くらい。



--------------------------------------
SPI、数的処理、クリティカル/ロジカルシンキングって聞くと虫酸が走るーー自己啓発・ビジネス書と同じく駆逐したいーー用語だけど書店にはあふれ返っている。大学の講義を普通に受けてりゃ身に付くのに、なんでわざわざ身構えて学ぼうとするのかよくわからん。バイト・サークル活動・資格取得と時間の使い方は効率的にやれるのに、こういう頭の使い方はできないってことだとしたら、奇妙なんだよね。
posted by Char-Freadman at 15:56| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 類別本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118729543
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。