2011年07月04日

忙しい人のための開発経済学 其の弐

本第二弾。前述の本が「仮説→例外→それを解決する仮説→例外・・・」と続くのに比べて、この本はより論旨がシンプルだし文章も気楽な感じで読みやすい。著者の経歴を反映して、行動経済学的な知見が述べられていることも特色。



良い意図を持っているだけでは貧困は解決できない。援助が役に立つか否かという議論より、どういう計画なら効果的なのか考えた方がよい。そしてその証拠を出すにはランダム実験が望ましい。
貧しい人には魚を与えるのではなく釣りを教えろという暗喩より、具体的に困難を解決する策を考えていこうとする。行動経済学に造詣が深い著者は、アイデアが実際に働くまでのプロセスにも特に意識を払っている。

どんなに良いモノでも、売り込まなければダメなときがある。売れていなかったスランケットから派生したスナギー(毛布に袖を付けただけの商品!w)や、1986年に流行りだしたカリフォルニアのレーズン(http://www.youtube.com/watch?v=pM2OK_JaJ9I)、ローンの広告に美人の写真と返済計画の一例を載せて応募者を増やしたりといった例を挙げている。

マイクロクレジットに半分のページが割かれている。どれも具体的だ。

信頼の出来る組織から紹介を受けた人物による訪問販売で保険加入者を増やそうとすること、たとえ利子率が負でも貯蓄する口座を持つのが好ましいこと、やる気だけはあるけどコミットする機会が無い人にはそういう口座を与えれば貯蓄が増えることなどがストーリーとともに語られる。
女性に貸すと良いとか社会的繋がりが増すとかいうデータに合わない都市伝説は一蹴し、でもマイクロクレジットの価値は認める。読むうちに、うまくいかないアイデアを改善していこうとする著者の姿勢が伝わるだろう。グループ貸しだと足を引っ張られるのがイヤで加入しない人は?;個人を対象に貸すーーでも同じくらいの返済率がある。返済率に効くのは何か?;信頼や文化的近さ。
教育や防疫についてもふれられている。制服や虫下しを配って生徒の出席率を上げる、カメラを設置して教員の欠席をなくす、タダの蚊帳を配ってマラリアを防いだり、塩素を水源の近くにおいたりするなどの取り組みが載せられている。

ある方法がうまくいかないからといって失望することはない。以前より良く知っていることにはなっていて、他のことを試せばいいとわかるからだ。どのように計画が働くか、精確に把握しているべき:お金が払われました、人々は参加しましたーーこれだけでは足りない。全てを解決する策はなく、アイデアは漸進的に試されなくてはならないのだ。
本の締めくくりに、良い意図を実現しそうな七つほどの方法をまとめている。最後まで実践的だ。

2章には著者の略歴が載ってた。こまけぇこたぁいいんだよ貧困をなくせてりゃ!という、竹を割ったような性格のようだ。

とにかく、このレビューでは伝えきれないくらいの活気ある描写になっています。
--------------------------------------------------
(感想)

・アイデアを売り込む方法を考えるのは経済学者より広告会社や経営学者の仕事じゃないかとも思ったけど、とにかく貧困をなくそうぜ!(&そのために上手くデータを取ろうぜ!)という著者の姿勢には賛同した。体育会系バンザイ。

・年間80%超(!)の高利って実に魅力的な投資先。貧者を全て拾える交通手段が安価で発達しないものかな、そうしたらほとんど0%でへばりついてる日本の口座なんか捨ててしまうものを…。

・ランダム実験(RCT)は仮説を試すのにとても効果的。「大きな政府か小さな政府か」「バウチャーか否か」「死刑制度は効果的か否か」etcの荒れる討論に使われるようになるといいな。教育関係の人は「大きいクラスより小さいクラスのほうが良い」という結果を気に留めてもらいたいところだ。
posted by Char-Freadman at 03:11| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぶっくれびゅー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213126024
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。