2011年07月12日

江戸城のコスト

東京の中心部にででーんと広がる、江戸時代の忘れ形見。今上陛下の執務が仮に郊外で行われるとしたら、いかなる結果が予想されるだろう。

・地下鉄のスピードアップ
皇居の地下はおそらく警護上の観点から地下鉄が通っていない。各種都市伝説が生まれる謎の空間である。迂回しないように整備し直せば、通勤時間の短縮が見込めそうだ。

・自動車道のスピードアップ
これもまた迂回しなくなるので(以下略
もちろんシンガポールのように混雑費を回収するようにしたいところ。

・建築
まさに一等地なので、建築需要もあるだろう。

・見物料
徳川から続く歴史的建築物だし、皇室好きは結構居るので、観光資源にもなるのでは。

他には何があるかなー。
posted by Char-Freadman at 15:28| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。