2011年07月27日

敬語の整合性

自分の敬語の使い方に原則があるかどうか内省してみた。

1.同期入学/社または後輩には友だち口調
2.同期または後輩の友人ならば友だち口調
3.所属団体に自分より前から属している人には敬語
4.先輩の友人ならば敬語
5.同期以外には初対面でどちらのレベルの敬語にするか固定

先輩の友人が同期もしくは後輩だったりすると、2と4が衝突を起こすので困ったもの。敬意を表す一貫性のある体系ってあるのかなぁ・・・。全部友だち口調であれば一貫はしているけど、敬意は示せないし。

にほんブログ村 経済ブログへ


人気ブログランキングへ
posted by Char-Freadman at 14:52| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216995941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。