2011年07月28日

駐車場保険

電気店、レストラン、本屋、靴屋、呉服などが立ち並び、巨大な駐車場を備えるショッピングモール。アメリカの都市の離れによくある光景だ。なぜ店が集まるのかと聞かれたら、標準的にはこんな回答になりそう。

消費者は自分の好みに近い商品を好む。すると、よりバラエティのある場所に引きつけられる。店舗側からしてみたら、そうして客が寄ってくるところに出店したい。そうしてどんどん多様な種類の店が集まることになる、と。つまり差別化した商品が大事というのが話のキモ。

でも実はこんな説明もできそう。

駐車場をシェアすることが可能だから密集している、と。

一つの店では客の入りが混むこともあれば空いていることもあろう。駐車できない消費者は違う場所に行ってしまうかもしれない。多くの店で駐車区域をシェアするようにすれば、そのリスクは軽減できる。

にほんブログ村 経済ブログへ


人気ブログランキングへ
posted by Char-Freadman at 13:17| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217147195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。