2011年08月01日

満員電車

通勤通学のピークとなる朝夕の電車で不快な思いをした人は多いだろう。

地下鉄で混雑費用を回収できないもんだろうか。混雑しそうな時間帯に乗車賃を上乗せすればオフピーク通勤する人は増えそうなもんだ。せっかくきた電車が満員で乗れない(割り当て)ということは減るのでは。Suicaなどのカードだったら上乗せ費を回収するのも簡単にできる。

改札口をいじれば、特定の時間帯での人の出入りというフローと、電車及びホームにいる人の総数(※)というストックを把握できそう。どちらかが一定数を超えたら費用を回収するようにするというように、タイムリーに出来るのではないかな。

シンガポールの道路で可能なことが、世界一発達している日本の電車網でできないことがあろうか!

あともう一点。
終電の乗車賃って、なんで高く設定されないのでしょうね。それを逃したらマズイため、高くしても乗りそうなもんだけども。
(ついでに;アルコール検知器置いといて、酔っぱらいには高額を課しちゃえ)

--------------------------------------------------
(※)電車の乗降口もいじれば、電車内の人数が把握できるだろう。


にほんブログ村 経済ブログへ


人気ブログランキングへ
posted by Char-Freadman at 00:35| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217715618
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。