2011年08月23日

老教授に期待すること

研究は実にエネルギーを使う。老いてもなお続けるのは至難の業といえる。

自分の専門分野から離れて言いたい放題になる老害は数多くーー資本主義は自壊したとのたまわった中谷某は記憶に新しいーー、当該学術自体の評判が損なわれる恐れもある。

そこで、本格的研究から退いた人に新たな仕事を与えたい。(※)

ロビイングに力を入れてはいかがであろうか。政治家から予算を確保し、米国で名高いブルッキングスやランドなどのシンクタンクの日本版を作るのだ。

このような研究所ができることは政治家にとっても得になるはずだ。たとえば…

・経済学→課税理論は設定された税額(と価値観)のもとで最適な方法を示す・ランダム実験は信頼度の高い証拠を示す
・心理学→政治家のスピーチを分析したところ、ポジティブな候補者が選ばれることが判明(Zullow & Seligman, 1990)
・政治学→小選挙区では現職有利など、当選する可能性を高めることに関して多数の分析

アメリカのデータで示された議論が日本でも同じようにいくかという頑健性のチェックは、民間の研究所のほうが向いているだろう。大学は新奇の理論を考えたがるもの(のはず)だから。

社会科学の志を持つ層が厚くなり、マシな政策を選ぶ国民が増えることが期待される。(※※)

---------------------------------------------
(※)無論、老境に達しても学究第一にその身を捧ぐ人に上記の活動をやってほしいと期待しているわけではない。あくまで対象は「引退した学者」である。
(※※)既存の学者にとっても著書の購買層が拡大するから善
posted by Char-Freadman at 11:20| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。