2011年09月14日

墓地

狭い東京、何とかして拡張する方法はないものか。

お寺(というか墓地)を全部地方に移してしまうというのはどうでしょう。

寺が墓地を経営することについては、非課税となっている。檀家はもし墓地が要らなくなったとしても使用権を売買できないことになっている。

→デカいビル建てて住宅にしたり会社にしたほうが生産的なんじゃないかなー。

年に数回親族を集める法事というコミットメントのサービスは利用しているけれど、特に税制上優遇する必要は感じられない。(アホみたいに巨大な霊園利用者っていかにもカネ持ってそうだし、むしろ税金をむしり取りたい^^)

うーん宗教法人、カネのニオイがしやがるぜ…!!!

自分が死んだら焼いて海にでも撒くか、土に埋めてもらって地球のサイクルに加わりたいところ。骨壷に入って希少な土地を無駄にするなど、末代に外部不経済を与えてはいけません。
posted by Char-Freadman at 03:15| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。