2011年09月20日

繁栄のキー

効果的な政府を作るにはどうしたらよいだろうか。ヨーロッパの誇るポリエコ学者、Timothy BesleyとTorsten Perssonのユルヨ・ヨハンソン講演がPillars of Prosperityとしてまとめられました。



途上国はさまざまな問題を抱えている。先進国は、家計や会社にサービスを提供する政策を実行する能力=state capacityをもっている。また、衝突する各種の利益を暴力=political violence無しに解決する能力もある。強い政府、高い一人当たりGDP、紛争の平和的解決、これらは相関があるーー著者はこれをdevelopment clustersと呼んでいる。

本書は政府の能力を二つに分割する。一つ目はfiscal capacityであり、事務管理・監視・強制のできる税務署が広い税源から充分な税収を得ることができるかを示す。二つ目はlegal capacityであり、所有権や契約を守る各種のインフラ、たとえば法廷・教育のある判事などをもっているかどうかを示す。

この本が答える主題は三つだ。

1.state capacityを形作る力は何か、そしてなぜその二つは補完性があるのか。
2.政治的暴力を異なる結果に導く要因は何か。
3.政治制度、暴力、収入はなぜ相関するのか。

(国内の)平和・課税のしやすさ・そして所有権を守る裁判制度、これらが繁栄に至るキー。

政策策定と、制度の策定とは分けられる。将来の政府の能力は、既存の政府の投資によって決まっていくと捉えられている。現在のコストと将来の利益を勘案して既存の政府は投資を行い、既存の政府がとりうる政策は現在の政府の能力によって制限を受けていると考えていく。

2章では基本的枠組が示される。2グループ、2期、政治能力は一つの形態というモデルだ。各期で政府は税率を設定し、収入は自分のグループを利するように分配してもいいし、次期の収税能力を高めるために使ってもよいとする。次期に誰が政権を担当するかは不明だ。このとき、三つの状態がありえる。
(i)みんなのための政府:税収は防衛など公共目的に使われ、収税能力も高まる
(ii)御手盛り政府:税収は自分のグループのために配分されるものの、収税能力は高まる
(III)虚弱な政府:税収はやはり再配分に使われ、不安定で収税能力は高まらない。

3章では市場を維持する規制と法制度が考慮される。賊や官僚の搾取から身を守る制度の重要性が強調される。収税能力と司法能力は補完的、すなわち収税能力が高いほど高い司法能力が利益をもたらすことが示される。というのも、司法能力が高ければ市場で得られる収入は高くなり、課税ベースが広がるからだ。戦争、民族の単一性、政治制度、安定性といったトピックも扱われる。

4、5章では紛争について扱う。民族紛争は途上国特有のもの。政治的抑圧と紛争の可能性をモデルに組み込み、これらの形態がどう政府の能力に影響するかをみていく。そして政治的安定性が内生化される。また、政府の構築がどうなされるかもみる。

6章では異なる種類の海外援助がどのように影響するかを分析する:現金、プロジェクト、技術支援、平和維持、紛争後の解決策。バウアーのパラドクス=援助はそれが必要とされないところでのみうまくいく、ほど悲観的ではないこともわかる。うまくいく枠組みも可能なのだ。

7章では政治制度のまとまりをみる。民主制度は独裁制度より、議会制度は大統領制より、比例代表制は多数決より、結合を生み出している。いっぽう、連邦制は単一政府より結合しているとはいえない。

8章ではまとめ。司法能力と税収能力との補完性が、異なる政府の能力が存在する理由。暴力の異なる形態もまた同じような要因が鍵。政府の能力・暴力・収入が相関するのも、それらの間にフィードバックがあるから。

歴史家の視点を踏まえたモデル化を心がけている模様です。ポリエコに興味がある人にはオススメ。
posted by Char-Freadman at 13:40| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぶっくれびゅー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226800724
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。