2011年09月23日

カワイイは正義!

Danniel Hamermesh, "Beauty Pays: Why Attractive People Are More Successful"



美はその定義からして希少だ。そして希少価値といったら経済学の出番だ!円熟した労働経済学者が美というテーマに挑む。

まず美しさとはたいていの人が同意するような属性であることを確認する。とりあえず美の認識が似通っていて体系だっていれば経済学で扱うことは可能と締めくくる。逸話だってたくさんあればデータなんだよ!
顔面に対する五段階評価軸を使って、(1)同じ人に時期を違えて評価を聞き、変化するかをみる(2)いろんな人の評価を総合するという方法をとっている。まあ、完全な一致をみることはないけど、どちらのやり方でもそうブレはないみたい。年齢による違いはないけど、男のほうがより厳しいようだ。あと仲間に関して否定的な評価を下すことには文化の違いが見られ、アメリカ人は割とずけずけ言うのに対して中国人はそうではないとのこと。男女で平均は同じだけど分布は異なり、驚くほど美形とされる人が多いようだ。異なる人種には自分と同じ人種とは異なる評価をするみたい。どの文化でも若いほうがよく、しかもその差はでかい。男のほうが見た目は減価しにくいとのこと。(婚活ビジネスには悔しい結果といえそうだ^^)年齢による差が何故存在するかは進化的なもの以外に説明は加えないし、何が美の要件か(幼児期に審美眼が形成されることや顔の対称性)も考慮しない。衣服、髪形、化粧品や整形…これらが見た目を大きく変えると信じられているけど、残念!効果はさほど無い。好きなら消費すればといった程度。

さて市場での影響を見ていく。収入に差があるだけでは、消費者の選好を写したものか、雇用者の選好を写したものかはわからない。
ランダムに取られたデータからは、平均より上の容貌の女性は並の人に比べて高い収入を得ていることがわかる。教育・年齢・健康・組合加入・結婚・人種・都市の規模・宗教・家族の背景・勤続年数など容姿と収入に関係しそうな項目を考慮しても統計的に有意なようだ。上位1/3の女性陣と平均との差は8%であり、教育の影響(=10%)と引けを取らない(!)。生涯稼得では23万ドルもの違いが出てしまう。自信・性格・知性をコントロールしても結果は同じだって。が、男のほうが収入は美に左右されるというオドロキの結論が得られている!美しいほど収入が得られるなら、美人ほど労働市場に出るのではと推測している。つまり美しさが労働選択に影響を持つとのこと。またスキルを伸ばすいろんなチャンスに恵まれるのかもしれない。自己や事件で容貌が損なわれたとき、その損失はいくらくらいかこの研究は見積もることもできる。

職業選択にも関わってくる。能力と同じく美醜だってどんな職に就くかの際考慮するだろう。平均的には、美が得をするような職(俳優とか売春婦とか)に美形が揃うものだ。政治家にとっても美しさは重要だってさ。ちなみに大学の先生は5~6/10と見た目は低めの評価が下るし(おかしいナァ、評者の通う博士課程の学生にはイケメンが結構いるんだけど!)ふつう知性を最重視しているけど、それでも6%も差があるようだ。カッコイイほどティーチングの評価が上がるし、アメリカ経済学会長職にも選ばれやすいというぐぬぬな結果が得られている

営業担当員にも美しさは重要。消費者が美形な営業員を好めばそのような人を雇うのは企業にとって得であり、実際売り上げに大きな影響がある。会社にしてみたら労働者の美は「生産的」なのだ。そのような選好を間違って無視した企業は淘汰されてしまう。美形な労働者は、その美で培った人間関係を手放したくないから企業から離れにくくなる。

ベッカーは差別を「その人から買ったり、雇ったり、一緒に働いたりするのが嫌なこと」ととらえた。見た目でもそうである。容姿での差別は、雇う側にあっても、雇われる側にあっても、消費者にあっても、賃金の差が生まれる。

市場を離れた私生活でも美しさは影響する。知性や収入といった他の要因と同じく、美もまたパートナー選びにあたって交換される。美しいほど、他の望ましい条件を高く満たす人と付き合えるのだ。またグループ形成の際の要因ともなりうる。職探しと同じく、パートナー探しでは時間を通じてお互いのことを知りあう。データからは、妻の見た目と夫の教育水準が交換されていることがわかる。

容貌でこんなに差があるのは、公平といえるだろうか。はたして「顔面の不自由な人」の団体をぶちあげることに意味はあるのか。経済の本としては珍しく法手続き的なことまで踏み込んでいる。権利保護を目指すなら既存の団体と同じく労働市場でアファーマティブアクションがとられることになる。実際幾つかの区ではそうなりつつある。データからは概ね容姿に関して同意があるようだからひどいブサイクを定義することはまあできるし、14万ドルという巨額がかかっていればブサイクの資格がある人は法的保護を求めるようになるだろうとしている。黒人差別へ是正措置が取られるなら、美に関してだって取られてもいいじゃないかとのことだ。

手法に問題がある(サンプルはロースクールの学生だし主観性は消えないし)とはいえ、これらの研究結果に感情を乱すのではなく、自分の残念な容姿を認めた上で何ができるかを考えたほうが生産的でしょうね。所詮一つの要因に過ぎないのだから。

…大学の入学式で見た可憐な美少女がそのキャンパスライフを通じてぶくぶくぶくと太っていってただ悲しくなったのを思い出したよ!

------------------------------------------------
(感想)
ちょっと政府の役割認めすぎな気もするよねーと反感を抱いたのでマイナス一点してみた。水平的公平を論じるのはどうも性急じゃないかなーと。たぶんアメリカは差別にうるさい国だから追加した章なんだろう。

労働経済学者は本当に呆れるほどたくさんの回帰分析をするナァと頭が下がりました。

「黒人は美しいと思われにくい」(Char解釈;遺伝的というより、そのような美醜の文化が西洋に存在するようだ)という研究結果で物議を醸したLSEの金沢氏は完全にスルーされいている。うーんなんでだろ。

院生は容姿が残念と思われる人のために;西海岸の同期には涼しげな顔立ち・高身長・(定義により高学歴w)・おまけに彼女も(黙ってれば)綺麗という人類の敵が居ます。性格?察してくれ。

参考文献;差別といったらベッカー先生!博論がコレというから恐れ入る。。。

posted by Char-Freadman at 23:53| 北京 | Comment(3) | TrackBack(0) | ぶっくれびゅー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「Char解釈;遺伝的というより、そのような美醜の文化が西洋に存在するようだ」

「驚きの白さ」(洗剤のCM)といった風に,日常生活で「白」と「よさ・清潔さ」が関連付けられ,どうも,「濃い色」=「あまりよろしくない,清潔でないもの」と刷り込みを受けているような気がしたことがあります.それが美醜の認識にも影響を与えているのではないかなと.

Char-FreedmanさんはKindleは利用されてますか?できればreviewをお願いします….Tabletが出たら(望むらくはDXの値段が下がって(苦笑))DXの方を購入検討中です….
Posted by k at 2011年09月27日 05:09
あ、そうかもしれませんね。透明なのがいいという無意識の前提を自分も置いているかもです。黒くて格好良いとなると、クワガタとか乗り物くらいしか思いつきませんね。

Kindleは2世代目を利用していますよー。iPadと比べて、
・明るくないので長時間読んでも目が疲れない
・英英辞書と連動する
というメリットを感じるので、電子書籍リーダーとしてはKindleが優れているかなと。ただ数式は崩れて読みにくいです。
3代目ではどうなるかはわかりません、すみません。
Posted by Char at 2011年09月27日 11:22
お返事ありがとうございます.Kindleは目が疲れないというのは良さそうですね.使っている人がほとんどおらず,聞いてみた次第です.m(_ _)m

透明=良い,もありますね….結婚で見た目の良い配偶者とマッチすると,さらにペイしそうですね.いやはや.目の不自由な人同士であれば視覚的評価はなされないはずなので,例えば,「美声は正義ッ!」となるのかなと,ふと思いました.

お返事ありがとうございました.
Posted by k at 2011年09月27日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227313751
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。