2011年11月29日

手書き代行業、はじめませんか?

daikou.jpg

履歴書の手書きで学生の熱意をみたいという風潮は消えない。印刷機器業界に就職した友人の手前、キヤノンやブラザーを罵倒するには忍びない。

ならば人力だ!

エントリーシートなぞを手書きしているヒマがあったらより有意義なことをしたい人が多いだろうし、まあ1社に対して1000円までなら払っても良いと考えるかもしれない。100社受ける人もいるそうだし、そしたらなんと\10万/人!金儲けのニオイがしてきませんか。

履歴書の内容は依頼者が考えるーーもちろんオプションによりココの代行も可能だーーとして、ウェブサイトを通じるかメールで請け負うことにしよう。仕上がりの素早さが何よりも重要なため、手が回らなさそうなときは断ることもありえる。
即日仕上がりなら一社につき\2000, 翌日なら\1500,翌々日なら\1000などの価格差別をする。手渡しは基本的に大学で行うものの、一刻を争う場合は現地にする。もちろんその場合は交通費は依頼者負担だ。

読み書きができさえすればいいので、有り余る時間を持て余す小学生や中学生を雇うと安上がりで済むかも。

【考えうる影響】
1. 景気の安定
不況期のほうが学生が受ける会社は増えそうだし、この事業は景気循環に対して逆行する動きをみせそう。

2. 採用側のコスト減
寝不足でふらふらの状態で書き上げたものより、もちろん読みやすいものになろう。人事の目の疲れをとります。

3. 技能の分配
手早く書き上げるという肉体能力「以外」のことで競争が起きそう。

-------------------------------------
少なくとも自分がB4のときはこのビジネス見たことないけど、いまはやられてるかな?情報通の方いらっしゃいましたら是非ご一報を。

画像はイメージです。
posted by Char-Freadman at 10:40| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237629881
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。