2012年02月25日

ビジネス書に望むこと

こんな本になっていて欲しい。

・各ビジネス書は、それを読んでいることがバレても不都合にならないような内容を収めるべし
書棚に『打算的に人間関係を構築すべし』なんて説く本が並ぶ人の家に招かれたくないよね?
by Reid Hoffman, Ben Casnocha

・「〜すべし」ではなく、「〜すべきとは限らない」で書くべし
論理的に正しい形。詳しくは「ヘンペルのカラス」でググろう。
ただし煽る効果は薄れる。

・本の戦略を読者がとってくれることが《著者の》メリットになることもうまく説明すべし
下策;読者にとって得になります!
中策;読者にとって、そして社会にとって得になります!
上策;読者にとって、そして社会にとって、なによりまして著者にとって、得になります!
正直者に見えるんじゃないかな。
posted by Char-Freadman at 03:50| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。