2012年10月16日

ユダヤ人の比較優位

学術に従事するようになってまず驚くのは、ユダヤ人の多さだろう。アインシュタインもノイマンも、経済学ならサミュエルソンもフリードマンも、みんなユダヤ系だ。

でも、どうして多くのユダヤ人が高い技能を必要とする職に従事するようになったのだろう?迫害でそのような職しか就けなくなったという説も、知識や技能などの支配者が搾取できないものに特化するようになったという説も、史実には合致しない。本書はその謎に迫っていく。

"The Chosen Few: How Education Shaped Jewish History, 70-1492.", by M. Botticini and Z. Eckstein.



1章はユダヤ人の歴史を概観する。
紀元後からムハンマドの時代まで、400万人ほどいたその人口は100万人ほどへ激減した。また、中心となったのはイスラエルの地からメソポタミアへと移動した。そして、非ユダヤ人と同じく大半の人は農業に従事していたことが示される。
800年から1200年まではユダヤ文化が花開いた。750年から900年までの間に、メソポタミアとペルシャのユダヤ人は唯一農業を離れた民族となった。そして、ムスリム国家内で移住をすることとなった。また、人口も上昇することになった。
モンゴルの侵略以降人口は減った。13世紀末から15世紀にかけ、大半のユダヤ人はヨーロッパに住んだ。イタリアやバルカン半島にすんだ人は貿易や商業に従事し、英独仏に住んだ人は金融に特化した。中世にあっては多くの国で追放の憂き目に遭ってしまった。
2章は通説に批判を加えていく。就業規制は、ユダヤ人が農業を離れた「後に」できた。差別やら課税やらがは他の民族にもあったが技能に投資したのはユダヤ人のみだった。アイデンティティを保つために少数派になったわけでもない、なぜなら宗教的に少数派になったときのユダヤ人は他の民族と同じように農業を営んでいたからだ。規制やら差別やらという外生的な要因による説明も、教義やアイデンティティといった内生的な要因による説明も、なぜユダヤ人が農業を離れて離散して住む人々になったかの理由には不十分。
3章はユダヤ教の成り立ちについて。揺籃期は複数の宗派があり、それぞれ競争していたとみなせる。なかでもサドカイ派とファリサイ派が有力であった。前者は神殿での儀式を重視し、一握りのエリート僧が力を握っていた。いっぽう後者はトーラを重視し、子どもに立法を読み聞かせることができるのは信者の最たる義務だと考えた。子どもが教育を受けることを課すのは、サマリア人やキリスト教徒など他の宗派にはみられない特徴となった。ローマとの抗争で第二神殿が73年に崩壊するとサドカイ派は力を失い、かわってファリサイ派がユダヤ教の中心となった。たとえばユダ・ハナシは識字能力のない人をユダヤの共同体から追放することにした。
4章は著者の基本理論。宗教心が強く、子どもを教育する余裕があるほどユダヤ教になりやすい。
5章は200-650年について。農業社会では教育の恩恵はないため、次第に改宗する人が増えてユダヤ人は減っていった。
6章は750-1150年について。識字能力に関して比較優位を持ったユダヤ人は、イスラム帝国のもと都市化が進むなか商業で頭角を現した。定住するものが増え、強力なネットワークを利用できることからユダヤ教に生まれついた人は改宗する動機を持たなくなっていった。
7章は800-1250年のユダヤ人の移住について。エジプトとマグレブから、イベリア半島やフランス・ドイツなど広範な移動をみた。生物学者によると、現代のユダヤ人は遠く離れていても近しい遺伝情報を持つとのこと。これはヨーロッパのユダヤ人が同じ起源を持つことからくる。各都市で営業できる商工業は限られていたため、次第に移住していったのだ。
8章は1000-1500年について。中世の金融業は、遠隔地間の取引ができ情報の獲得も可能とするようなネットワークを必要とした。また信用取引きには帳簿をつける必要があり、識字能力も重要だった。ユダヤ人の資産は天候や外敵や支配者から比較的影響を受けず、流動的だった。また強力なネットワークを持っていた。ユダヤ人の主な職は金貸であり、金融取引を介してユダヤ人が土地を獲得しないようにするための規制があった。独占ではなく、貧者のみならず政府とも取引していた。ユダヤ人が金融に特化したのはギルドが力を握ったりキリスト教やイスラム教が高利貸しを禁じる以前であり、通説とは異なる。また「迫害されても構わないように持ち運び可能で収奪されない人的資本に投資した」という仮説も、ユダヤの教義で子どもの教育が重視されるようになったのはユダヤ人の大移動や迫害の前であるという事実と反する。資本・ネットワーク・識字と計算能力・契約を履行させる制度といった点が比較優位となり、金融業に特化したとしている。
9章はモンゴルの影響について。イル・ハン国は遊牧国でユダヤ人にとっては住みにくいものとなり、教育が負担以外の何者でもなくなったため、多くの信者はイスラムに改宗して課税を回避するようになった。
10章はそれまでのまとめと、1492年から現代について。職業構造が長続きしたことや、移住パターンにはまだまだ謎が多い。これから調べるとのこと。

----------------------------------------------------
・教義が影響力をもつこともある;それを信奉することが政治的に有利な場合だ、という理解でいいのかな。
・経済学もたくさんユダヤ人いてびびる。たとえば白人のクラスメイトはほとんどユダヤ。数学使わなくていいような科目だったらユダヤ比率下がりそうな気がする。(あくまで推測です!)
・中国の客家も似たような感じかなー。
・このプリンストンの経済史シリーズ(http://press.princeton.edu/catalogs/series/pehww.html)、どれも読んでて面白い。邦訳出ないかな〜
posted by Char-Freadman at 15:29| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。