2012年11月30日

経済発展とか

今年イチバン学会プロレスの面白かった本を選んでみたよ!



著名な学者によるレビューにいちいち著者たちが好戦的な反応を示すのが楽しい。

Francis Fukuyamaによるレビュー
http://blogs.the-american-interest.com/fukuyama/2012/03/26/acemoglu-and-robinson-on-why-nations-fail/
著者たちの応答
http://whynationsfail.com/blog/2012/4/30/response-to-fukuyamas-review.html

Jared Diamondによるレビュー
http://www.nybooks.com/articles/archives/2012/jun/07/what-makes-countries-rich-or-poor/
著者たちの応答
http://www.nybooks.com/articles/archives/2012/aug/16/why-nations-fail/

Arvind Subramanianによるレビュー
http://www.the-american-interest.com/article.cfm?piece=1334
著者たちの応答
http://whynationsfail.com/blog/2012/11/2/china-india-and-all-that.html

Jeffrey Sachsによるレビュー
http://www.foreignaffairs.com/articles/138016/jeffrey-d-sachs/government-geography-and-growth
著者たちの応答
http://whynationsfail.com/blog/2012/11/21/response-to-jeffrey-sachs.html

Sachsのレビューにいたっては相手にする必要なしとハッキリ言い切ってる。ヒエエ・・・。

(本の概要)
・経済発展の必要条件となるのは、中央集権がなされていること。ソマリアをみてみよう。
・政治制度には二種類あって、inclusiveなそれとextractiveなそれとがある。inclusiveとは参政権(de jure power)を認められる人が多いことを指し、extractiveはその反対。
ところで前読んだとき(http://charkid.seesaa.net/article/260054188.html)はそれぞれ包括的/収奪的とテキトーに訳を付けたんだけど、他にいい語彙無いかなぁ。extractは抽出の意があるので、少数のエリートが国富を食い物にする感じにみえるから「収奪的」としたのだけど。
・長期的に経済発展が可能になるのはinclusiveな政治制度があるとき。ソビエトは途中でこけちゃった。
・沿岸部への近さや気候といった地理的要因は直接的には経済発展には結びつかない。分断国家を比べてみよう。

最後の点に批判が集中していますね。

この本は"The Colonial Origins of Comparative Development: An Empirical Investigation
Daron Acemoglu, Simon Johnson, and James A. Robinson
American Economic Review, 91, December 2001: pp. 1369-1401."からの研究の流れをまとめたもの。そこでの主張は『入植時に乳児死亡率の高かった地域では搾取するような制度ができて、それが低い地域では全員参加の政治制度ができ、その制度の差が経済発展の差になる』というもの。これを批判するなら
(1)著者たちの依るデータはおかしい;特定地域のデータが彼らの主張に有利になっており、それらを外すと彼らの結論は支持されない(http://ideas.repec.org/a/aea/aecrev/v102y2012i6p3059-76.html)
著者たちの反応;http://economics.mit.edu/files/8012
(タイトルからしてこれもとても好戦的)
(2)因果関係の方向が逆:500年前の乳児死亡率の差は今日の経済発展の差に直接関係は無いことが前提になっているけど、本当?
著者たちの反応;"The Rise of Europe: Atlantic Trade, Institutional Change and Economic Growth
Daron Acemoglu, Simon Johnson, and James A. Robinson
American Economic Review, 95(3), June 2005: pp. 546-579."→「かつて経済発展の著しかった地域とそうでなかった地域は「逆転」している。地理がもし発展に有益なのならそんな逆転は生じないよね」という内容
となるのかな。

なるほどinclusiveな制度が重要なのはわかった、それじゃどうすれば参政権の与えられる人口が増えるのか(franchise)というのが著者たちが次に行っている仕事のようです。
http://whynationsfail.com/blog/2012/11/29/disrupting-the-dysfunctional-equilibrium-in-naples.html
反例探したくなるのが人情ってもんですよね。何かいいネタないかなー。参政権増やすインセンティブが誰にも無かったはずな例。
posted by Char-Freadman at 08:08| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304478346
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。